おこさまらんち

ななころです!V6、KinKi Kidsについてちょっとずつ書いていきます!

産まれた時代~その1~

こんちゃです!

私はいま学生で、 正直、同年代の子と趣味がズレ気味なまま生きてきました!!

マイペースに来すぎたのは、事実だと思う(´・ ・`)

今好きなものを心から好きと思えるから、それでいいんだけどね。

、、、こういうところか(´・ ・`)

 

「生まれる時代、間違えたかな〜」

この記事の題名も入ってるこの言葉。

たまたまKinKi KidsやV6が好きで、ほかの趣味も合ってて、さらに性格も合う!!

っていうソウルメイトみたいな(??)友人が言い放った一言です。

 

いや、友達のことソウルメイトとか、ちょっと気持ち悪いな、、、笑笑

そう考えると、あんなに潜在意識で双子感バリバリのキンキの2人、仕事要素もあるとはいえほんとにすごいな。

なんかあの2人を知ると、気安く「双子」とか「ソウルメイト」とか使えない〜

「本物、見ちゃったよ」って笑

 

まあ、キンキのお2人のことはこの先どんどん書いていくので、おいといて。

 

彼らを応援する同年代の子なら、 1度は考えたことあると思う!!

20年くらい。カミセンやキンキよりちょっと年下です!っていうくらいがいいな〜っとか。

 

ほかの趣味も、全部その頃に生まれると、がっちんこするんですよね(´;ω;`)

 

森田剛が英語の例文に出てくる学生時代。

「光一派」「剛派」で盛り上がっちゃう学生時代。

 

うらやましい!!!

 

書いていきたいこと。

このブログは、基本的に一つの記事の内容が短くなると思います。その1、その2、、、って切りながら、ゆっくり行こうって考えてます!

読み方によっては見にくいものになってしまうけれど、なるべく濃い内容を書くためにも。ごめんなさい!!

 

で、このテーマで書いていきたいことはなにか。

 

今回のテーマ、私が専門的に書ける数少ない事項の一つだと思ってます。

その当時の時代背景と今を比べたり、KinKi KidsやV6の様子?を色々な情報から考察したり。

事実と照らし合わせながら、うらやましい気持ちに乗っかって、最終的にはそれぞれの世代の方の見方についてすこしでも分かったらいいなと思ってます。

それを文にして、皆さんもいろいろ考えたり、想像できるような内容を書いていきたいです!

結局何書きたかったの?って思った方もいること、じゅうじゅうわかってますが、ゆっくり大切に書いていきたいので!

 

楽しみにしてくれる人がいれば、幸せです!

 

ばいばいっ!

 

ばいばいっ!